競馬速報まとめブログ|ギャンブル王に俺はなる!

登録無料!重賞はもちろん注目レースを大攻略...NEW!

今週の重賞予想を無料でお届け...NEW!

競馬速報まとめブログ!ギャンブル王に俺はなる! TOP  >  スポンサー広告 >  競馬 >  【桜花賞2014】最終追い切り情報まとめ ハープスターの動きがヤバイww

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --年--月--日 --:-- ] カテゴリ:スポンサー広告

【桜花賞2014】最終追い切り情報まとめ ハープスターの動きがヤバイww

ハープスター

ハープスター 川田

走りたくて仕方ない気持ちがハープスターの動きに表れていた。CWコースでの3頭併せ。コーナーを回って、直線の入り口で2頭の後ろにつけると、怪物ぶりを発揮した。

まず内のビキニスタイル(3歳未勝利)をあっさり突き放すと、完歩ごとにスピードをアップ。中央にいた4歳オープンのラウンドワールドに抵抗するスキを与えず、一瞬で2頭に先着。7ハロン97秒1。レース当週の3歳牝馬としては珍しくいっぱいに追われ、ラスト3ハロンは37秒8―11秒9。完ぺきなデモンストレーションとなった。

引用元:【桜花賞】ハープスター、まず1冠へ加速!ラスト11秒9

レッドリヴェール 戸崎圭

レッドリヴェールが栗東坂路で躍動した。荻野琢(レースは戸崎圭)を背にローブティサージュ(4歳オープン)と併せ馬。追いだされた最後の1Fは鋭い反応で1馬身半先着し、4F52秒9‐38秒4‐12秒3をマーク。

阪神JFの覇者2頭による豪華な顔合わせは3歳馬の瞬発力が上回った。「良かったですね」。調子の良さを伝えるG1馬の動きに、須貝師は笑みを浮かべる。放牧先から帰厩後は、描いた通りに調整を進めてきた。「体が小さく見えないし、理想以上と言ってもおかしくはない。いい体になりました」。

その姿は420キロ前後の馬とは思えないほど。よほど体調がいいのだろう。ふっくらと見せる愛馬の仕上がりに胸を張った。

引用元:【桜花賞】リヴェール躍動!久々も完調

フォーエバーモア 蛯名

最終追い切りは美浦坂路で併せ馬。レッドセインツ(6歳500万下)を誘導する形でスタート。ラスト1Fで馬体を合わせると、最後は半馬身先着でフィニッシュ。

4F55秒5‐40秒4‐12秒6のタイムを計時した。動きを見守った鹿戸師は「長距離輸送があるので坂路で追ったが、動きは良かった」と目を細める。今回は中7週での競馬になるが、「前走はすごくいい状態で送り出せたし、今回も同じくいい状態で出走できる」と出来の良さに胸を張った。

引用元:【桜花賞】フォーエバーモア勢い十分

ベルカント 武豊

フィリーズレビューを快勝したベルカントは、坂路でカチューシャ(1600万下)を3馬身ほど追いかけ、素軽いフットワークで急接近。鞍上のゴーサインに鋭く反応し、4馬身先着。4ハロン54秒2-12秒0と理想的な上がり重点の追い切りだった。

「先週まで力みがあったが、今週はリラックスした手応えだった」と角田調教師はうなずく。「前走はユタカさん(武豊騎手)もいい内容で勝ってくれたし、あの競馬なら1ハロンの延長で外回りとなっても、不安より期待の方が大きい」と、前向きな姿勢だった

引用元:【桜花賞】力みなし!ベルカント4馬身先着

ヌーヴォレコルト 岩田

3歳牝馬とは思えないずぶとさがありカイバ食いも旺盛。おかげで前走後も加減なく調教を積むことができた。追い切りはWコースで5F69秒7~1F12秒8でイタリアンネオ(3歳オープン)と併入。

師は「こんな状態でG1に行けたら…、そう思える状態」と胸を張る。打倒ハープの秘策は?師は「相手の戦法は分かっているのだから、そこを逆手に取りたい。前走(13頭立て)より頭数も増えるし、岩田も2度目で何かやってくれそう。

反応するまでに時間がかかる馬だから、直線に向かうまでにエンジンを噴かしてくれれば」とイメージを膨らませる。思い描くシナリオは思い切った早め抜け出し策か。

引用元:【桜花賞】ヌーヴォレコルト万全 斎藤師が描く秘策とは

アドマイヤビジン 四位

アドマイヤビジンが猛時計を叩き出した。CWコース単走で6F78秒6(1F12秒8)は相当に速い。

乗った四位は「5Fすぎから速くなったから最後は流した。順調だと思う」と満足げ。「マイルの外回りだし慌てる必要はない」と直線勝負に懸ける。梅田智師は「ホント絶好調。“桜の季節にビジンが満開”となってほしいね」と期待を口にした。

引用元:【桜花賞】アドマイヤビジン絶好調!猛時計6F78秒6

ホウライアキコ 和田

坂路で単走。時計を要する馬場でラスト重点に追われて4ハロン53秒9-12秒3なら、状態面はいい意味で平行線だ。

「先週はCWコースでしっかりやって、今週は坂路で前半は無理せず、ラスト1ハロンをサッと。予定通りの仕上げでデキもいいよ。スムーズな競馬で巻き返したいね」。南井調教師は重賞2勝の底力を信じている。

引用元:【桜花賞】アキコ無理せずラスト12秒3

レーヴデトワール 福永

レーヴデトワールはウッドで単走。ラストを軽く伸ばした程度のものだったが、身のこなしは軽やか。ひと叩きした効果はありそうだ(6ハロン85・5―40・3―12・9秒)。

松田博調教師「前走はくくった舌を吸い込んでしまった。度外視できる競馬。動きは良くなっているし、まともなら」

引用元:【桜花賞】レーヴデトワール 軽やかな身のこなし「動きは良くなっている」

関連記事
[ 2014年04月10日 11:46 ] カテゴリ:競馬
コメントの投稿








管理者にだけ表示を許可する

競馬スピリッツ

トライキャスト

新着記事
おすすめまとめ記事
サイト内検索
twitter
優良競馬予想サイトを検証!

williamhill

アクセスランキング
人気まとめ記事

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。